サイト内キーワード検索

アクセス

東海国立大学機構 名古屋大学 国立大学法人東海国立大学機構
名古屋大学研究戦略部
研究安全管理課研究安全管理グループ

HOME > 組換えDNA実験

組換えDNA実験

学内手続き(申請・届出等)

【機関承認実験関係】 《新規・継続・変更申請》

実験責任者は、機関承認実験の実施・変更にあたり、以下の書類を所属部局の担当事務経由で提出し、部局委員会、部局長等の承認を得る必要があります。

【機関承認実験関係】 《終了・中止報告》

実験責任者は、機関承認実験の実験計画を終了・中止したときは、以下の書類を所属部局の担当事務経由で提出し、部局長等に届け出る必要があります。

【大臣確認実験関係】《新規・変更申請》

実験責任者は、大臣確認実験の実施・変更にあたり、以下の書類を所属部局の担当事務経由で提出し、部局長等の承認を得る必要があります。

※ 大臣確認実験の詳細については、こちらを確認ください。(手続き詳細:P.6~,申請書記載例:P.21~)
※ 委員会の審査後、文部科学省への事前相談を経て、文部科学大臣へ申請し、確認通知の受領後に機関承認実験の申請書類を改めて審査し、承認の可否を判断します。学内手続きのフローチャートはこちらをご確認ください。

 

【大臣確認実験関係】《終了・中止報告》

実験責任者は、大臣確認実験の実験計画を終了・中止したときは、以下の書類を所属部局の担当事務経由で提出し、部局長等の確認を得る必要があります。

【施設関係】 《設置・変更・中止申請》

実験室管理責任者は、組換えDNA実験室等の設置・変更・中止にあたり、以下の書類を所属部局の担当事務経由で提出し、部局委員会の承認を得る必要があります。

※ 委員会による現地調査を経て、承認の可否を判断します。
※ 拡散防止措置の区分ごとのチェックリストについては、こちらを利用ください。
※ 施設の出入口に表示する標識については、こちらを利用ください。

 

【組換え体の譲渡関係】《譲渡・売買・委託使用をする場合・される場合》

実験責任者は、他機関の研究者等への組換え体の譲渡等をする・されるにあたり、以下の書類を所属部局の担当事務経由で部局委員会に提出してください。
(業者から組換え体を購入する際にも分かる部分(※)を記入し、部局委員会に提出してください。※相手先の承認番号や担当者名は不明であれば記入不要。購入時の相手先担当部署をご記入ください)

※遺伝子組換え生物等を譲渡等する場合には,1)この調書のコピー,2)組換えDNA実験計画書の遺伝子組換え生物等に関する記載部分のコピー
 (又はそれと同等の情報を記載した書類)の2点を添付して譲渡してください。

委員名簿《学内限定》

学内からの接続のみ閲覧できます。

教育訓練

 全ての実験従事者は、組換えDNA実験の開始前に各部局の定める教育訓練を受講する必要があります。
 詳細は「教育訓練」タブをご確認ください。

 

学内通知等《学内限定》

学内からの接続のみ閲覧できます。

問い合わせ先

事務局

研究戦略部
研究安全管理課研究安全管理グループ
E-mailkenkyu-anzen@

※メールアドレスは@以下にt.thers.ac.jpを追加してください。(スパム対策)

ページ先頭へ