サイト内キーワード検索

アクセス

東海国立大学機構 名古屋大学 国立大学法人東海国立大学機構
名古屋大学研究戦略部
研究安全管理課研究安全管理グループ

HOME > 放射線・核燃料関連

放射線・核燃料関連

<RI関係>学内手続き(申請・届出等)《学内限定》

学内からの接続のみ閲覧できます。

<核燃料関係>学内手続き(申請・届出等)《一部学内限定》

核燃料物質を使用する場合*¹は、個人被ばく管理を行う必要があるためRI従事資格取得が必要です。<RI関係>の学内手続きを参照の上、工学研究科核燃料物質計量管理室へお問い合わせください。

国際規制物資の使用したい場合は、所属部局で国際規制物質を使用可能か確認してください。使用者は、各部局の国際規制物資使用ルールに従い、核燃料物質の移動等を行った場合、速やかに核燃料物質管理システムに入力するとともに、記録を残してください。
また、月に一度、在庫量の記録を取る必要があります。特に6月・12月は原子力規制委員会への報告の義務がありますので、遅滞なくご対応ください。
なお、新たに規制以下量の核原料物質を使用したい場合は、事前にご相談ください。

*1 ウラン量300g、トリウム量900gより多く扱う場合は、計量管理に加え放射線管理が必要です。

委員名簿《学内限定》

学内からの接続のみ閲覧できます。

関連府省庁のホームページ

問い合わせ先

事務局

研究戦略部
研究安全管理課研究安全管理グループ
E-mailkenkyu-anzen@

※メールアドレスは@以下にt.thers.ac.jpを追加してください。(スパム対策)

ページ先頭へ